◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   車輌入庫 2019,7,7

           

   上記画像 / 前回 作業完成時のシンプルヴァージョン for AG-ZEAL





   後付クーラー取付時に最も注意する事項 / 効率


   多くの方々が100%理解していない内容を記載致します


   水冷エンジンと空冷エンジンでは構造が全く異なりますが 後付クーラーを取付する時の注意事項も異なります


   これから取付する車輌 PORSCHE356SS-Rは空冷エンジンですので 空冷エンジンに付いて書きます





   コンデンサーの取付方法が何よりも重要になります


   単純な考え方として 
大きいコンデンサーを2個程度取付すれば 確実に 「 冷えるのではないか? 」  です


   乱暴な考え方となり MISS-間違いとなります


   車体の 腹下に取付する事がMISSとなります   /  まぁ BUSの場合は仕方がないと思いますが???



   コンデンサーも ラジエーター同様に 常に  
「 ヒート 」  していると言う事が理解されておりません!!


   真夏の首都東京の高速道路の渋滞時 及び 都内の走行中に 空気や熱の影響をどれくらい受けるのか?


   真剣に考えた事 もしくは 体感した事がありますか?  /  旧車においてです


   AG創業者は 真夏 窓を閉めて 日産フェアレディー240ZGでクーラーをかけてオーバーヒートさせない


   車輌の作り込みとクーラーの効き方に付いて実証実験を行って来ております


   その時のデーターを 現在 無償で解放しております!!


   空冷エンジンの車体では コンデンサーを効率よく取付する場所は  「 1ケ所 」  しか ありません


   その場所は フロント側です


           

   縦152cm × 横620cm × 厚26mm(本来22mmが好ましい)  / Oring 5/16-1/2


   コンデンサーの寸法に関しては 日本ユニクラ時代に製造していたサイズです


   形状は クラシカルタイプ(サーペンタイプ) となります / 重要!! 現行タイプは旧車には不向き!!


   厚みは22mmが好ましいのですが 横長のため安全マージンを取り26mmにしております


   コンデンサーを厚くすると 風が抜けなくなり 尚 ヒートしてしまいます

           

   コンデンサーは常に 
「 ヒート 」 しているため どの様に車輌に取付するかにより


   より効率よくコンデンサーの熱を下げて安定させられるのか? を 考えなければなりません!!


   風を当てて 当てた風を効率よく抜く事が出来るのか?!  が 何よりも重要になります


   AG製コンデンサーには キノクニ社様で販売している 
SPALミニミニ電動ファン PUSH × 3個 の


   取付を推奨しております  / ¥12,800(税別) × 3 = ¥38,400(税別)


   
SPALミニミニ電動ファン 2個では冷やしきれません = クーラーが効きません!!



   取付完成後に画像を掲載したします


   その他としては AG製後付クーラーのみがR134a仕様であると言う事


   またAG製室内吊り下げ式ユニットは AG創業者用SPL品のため 全てにおいて性能が高いと言う事



HOME