◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   エンジン完成ですが・・・・・・・


   事前に エンジンを車輌に搭載する前に ZEALがエンジン本体の確認作業を行う予定でした


   しかし ZEALが外注に出しているエンジニアは いい加減すぎて 予定を変更したり


   電話に出なかったりと・・・・・・



   ZEAL / デジカメ撮影 / Nikon COOLPIX A900

           

   オイルクリアランス 不明


   そのため 対策用の部品? を これから製作致します


   ビートル用として販売されている部品は 意味が無いため!!

           

   予定外だったため ZEALはノートPCを持参しておりませんでした


   ノートPCを取りに戻ったりと・・・・・・・・ 何往復も行いました


   123TUNEの調整方法は 当社WEB 123TUNEのページを参考にして下さい


   ピストン1番の上死点を出し 123TUNEには始動確認のみの 「 ゼロ進角プログラム 」 を 入力


   その後 一度 エンジンを始動し クランクプーリーが 「 ゼロ 」 の位置になる様に 123TUNEを回し固定


   再度 正規の走行用プログラムを入力し エンジンに火を入れました


   早々に 車輛を積載車輌で引き上げてきます


   AG創業者が車輌の確認のために ZEALに出向きます



HOME