◇Ferrari フェラーリ / クーラー構造不良◇                                               


   スーパーカーである フェラーリでさえも クーラーシステムは不具合だらけなのです


 ◇パーツリストで解説◇


   パーツリスト < EUROSPARES社様 > WEBより 無断で借用しております





   1988y 328


           

   ヨーロッパ車輌のラジエーターは 全て日本国内では使用出来ない物


   全ては 寒冷地だった当時のヨーロッパの仕様 / 現在では全てが間違い


   コアは 重機用

           

   根本的に クーラーを取付する事を前提に車輌が設計されておりません


   そのため 自動車工学から それたコンプレッサーの取付を行っております


   ヨーロッパ車に多く見られる取付パターン / ランボルギーニ / シトロエン / などなど・・・


   エンジンに 向い合せで取付をしている事自体 間違い


   これこそが やっつけ & 追っ付 の コンプレッサー固定方法

           

   上記画像の構造を 変更する事は 完全に不可能です


   理由 ヒーターの取付位置が優先されているため


   日産 フェアレディーZ < ユニクラ オプション >  ハコスカ < JIDOUSHAKIKI オプション >


   同様にブロアーモーターの取付位置の構造が間違っております


   後付けで取付しているため 押し込み式のブロアーモーターに出来ないのです





   365BB


           

   上記画像 365BB


   ラジエーターですが サイドフロータイプは ヨーロッパで一番最初に作り出した欠陥品 / 構造の間違い


   サイドフローにした理由は 部品の取付や取り回しを優先にしたため 重力に逆らう構造


   リアエンジンのフェラーリのウォーターポンプで 前側に付いているNGのサイドフローラジエーターの水を


   完璧に循環させるのは不可能です


   外車屋の方々の多くが 未だに正しいと勘違い? している コンプレッサーの固定方法


   ヨークのコンプレッサーであっても サンデンでも デンソーでも!!


   横に傾けて 取付する事は コンプレッサーの構造上 100% 間違いです / ポルシェも同様に間違い





   あまりにも 問合せが多いため ほんの一部ですが パーツリストで解説致しました


   コンデンサーについても 現行車の新車についている物は 旧車には 不適合です


   当社に掲載している 通称 < クラシカルタイプ > のみ 旧車には 適合しております


   R12ガスシステムから R134aに変更する場合は 全ての部品を R134aに交換しなければなりません


   膨張弁をR12のままで コンプレッサーをR134aに交換すれば R134aになる? と


   間違った認識? 知識? で 作業している メカニックの方々が 大変多い事に憤りを感じております


   分子構造が違えば 全ての部品も交換が必要なのです


   エバポレーターに関しても 当社ではケースをお預かり後 AG仕様の膨張弁に交換しエバポレーターも


   新品で製作致します / 日本国内 / AG監修仕様


   手抜きは 一切 出来ません


   創業者 FU



HOME