◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ZEAL 車輌 / 1972y VWビートル


   修理 対策 など






   カドロンSOLEXの改造とテスト走行


   AG創業者が ZEALに加工を施工する様に指示をしたのが おおよそ 2018年12月頃となります


   1年が経過した理由は ZEALの外注先様が加工作業を行っていなかったため!!


   ようやく完成致しました

           

   ベンチュリーの拡大加工は 単純に筒状にすれば良いのではありません!!


   要注意事項!!

           

   何故 現状で調子よく走行出来ているのに改造をおこなうのか?


   それは 確認していない数値が まだあるからです


   AG創業者の考えでは アウターベンチュリーは まだ大きくする事が可能であり


   変更しても走行が悪くはならないと 思っているからです / 保証はありませんが・・・・・・


   仕切り板をカットしても それほど影響は無いのではないかと想定しております???

           

   2019,11,24 / ZEALがテスト走行を行いました


   走行テスト結果ですが・・・・・・ / 高速走行テストは後日になります



   ZEAL談!!


   今まででも 十分に綺麗にエンジンが回っておりましたが


   今まで以上に 低回転から高回転までストレス無く綺麗に回る様になりました!!


   1Gをかけた状態で 6,500rpmまで スムーズに回ります



   第一段階はクリアー致しました


   これからは 冬場用のジェットの選択を考えて行きます


   PORSCHE356SS-Rにフィードバックさせるためでもあります


   AGおよびZEALでは 世界中で敬遠されていたカドロンSOLEXを見直し改造加工する事で


   扱いやすく簡単で乗りやすいキャブレターであると言う事を証明して行きます


   重要なのは AG仕様の点火系でなければ ZEAL / PORSCHE356SS-R と


   同等の性能は出ませんのでご注意下さい





   2020年1月以降


   ZEALのビートルは フルレストア作業に入ります


   塗装の色の変更 / オリジナル感 / 内装変更


   各部を分解しますので 駆動系やエンジンも見直す予定です


   AG創業者が 存命中に完成すればよいのですが・・・・・・・・


   すでに各所に お願い事項として連絡済みです!!



HOME