◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ZEAL 車輌 / 1972y VWビートル


   修理 対策 など






   シフトレバーについて!!

           


   上記画像 / クイックシフター


   ビートルのミッションの構造がどの様になっているのか?・・・・・・・・・


   自分が運転し易い様にする事が優先事項ではありません


   車輌側の構造がどの様になっているか?  


   それを理解し 自分が車輌に合わせる様に操作する事が重要です!!



   ビートルの場合 シフトレバーの前後左右のストロークが長く グニュグニュしていると思います


   運転しにくいから アメリカ人が自分本位に作った クイックシフターを取付した方が運転し易い???


   この考え方が大きな間違いとなります


   ビートルタイプのトランスミッションの扱い方は 一呼吸 間を置く? と 表現すれば良いのでしょうか?


   カチカチと 素早くシフトレバーを操作するミッションでは無いのです!!

           

   2019,3,13 AG創業者がZEALのビートルの試運転を行いました


   事前にZEALには  「 壊れても損害の補償は出来ませんので了承して下さい 」  と 伝えてありました


   壊しませんけどね!!





   実際に車輌を動かす前に 現状で確認する箇所がありますので 確認しました


   1 アクセルペダルの位置関係と操作性 / ヒール アンド トー が 出来やすいか?


   2 シフトレバーのシフトパターンの確認


   3 シフトを動かして 違和感が無いか?

           





           


   次に 実際にエンジンを始動し確認を致しました


   4 クラッチペダルの繋がる位置関係


   5 ブレーキタッチの確認


   6 
シフトを各ギアーに実際に入れて不具合が無いか確認


   7 1速で発進させる時の 正しいクラッチの繋ぎ方と アクセルペダルの操作性について


   車輌を動かす前に 既に不具合を発見しました


   8 ミッション内部のシンクロの消耗 2ケ所






   まずは ZEALが 今までこのビートルをどの様に扱い運転操作しているのか? 運転をしてもらいました


   発進後 即 運転操作のミスを指摘致しました


   ビートルには 不具合になるクイックシフターで 


   乱暴に アクセル + クラッチ + ミッションを 操作していた事でシンクロを消耗させたと・・・・・・


   1周 運転してもらい 一旦 ZEALに戻り 次はAG創業者が試運転を致しました


   まずは ZEALの運転操作をフルコピーして 何が悪く? 何が間違っているのか? 説明をしました


   AG創業者が 様々な運転操作を致しました



   1速スタート時の正しいクラッチ操作とアクセルワーク


   2速~3速での アクセル全開走行での壊さない正しい運転操作 / ヒール アンド トウ + シウトダウン


   高回転時でのシフトダウンでは シンクロの摩耗により ギアー鳴りをさせない様な操作方法も行いました


   ZEALは AG創業者の足元を ず・・・・・・・・・っと見ていました


   AG創業者は 無意識に操作している事も多数ありますので 説明できる範囲で説明を致しました


   クラッチ操作は かなり難しくシビアになりますので!!


   当然ですが ギアー鳴りはさせておりませんよ!!



   AG仕様を 正しくZEALが作り込んで頂いている結果 今までとは別物のビートルに仕上がっておりました


   十分にトルクもあり 十分にレブリミットまでキッチリ回りました



   AG創業者の過去のビートルの運転時のイメージは とても悪い物でしたが


   AGの現在のパッケージで作り込むと これ程までに快適に走行し十分な加速と速度になる事に感銘致しました





   純正ペダルとペダル製作との抱き合わせ固定の比較画像

           

   通常は スペーサーでゲタを履かせない方が良いのですか?


   厚みのある板状の物で固定すると ペダル自体の重量が重くなります


   ZEALは ペダル表面を2重構造にする事と バーリング加工を施工しておりますので


   強度は十分 保たれていると思われます






   今後の対応処置について


   2019,3,13


   ミッションのシンクロ2ケ所に大きなダメージがあるため ミッションオイルの交換を行います


   1年 / 3-4回 / OIL GULF鉱物油 PG-GearOiL Pro-GUARD 75W90


   オイル交換と運転操作方法により トランスミッションの寿命を延ばす事が出来る様になります


   オーバーホール等には 約50万円程度の費用が必要になるでしょうから・・・・・・





   ZEALのビートルが調子が良く そこそこ速く走行出来ている理由!!


   点火系が AG創業者のパッケージであると言う事 / 123TUNE  永井電子プラグコード NGKプラグ


   AG創業者監修 / カドロンSOLEX改 ZEAL施工


   ZEALが 正しくデスビの進角曲線を入力出来ている事 その上で キャブ調整が正しく出来ている事


   相対的に これらが正しく調整されているため 快適仕様となっております


   ZEALの車輌 と PORSCHE3456SS-R の 2台のみしか 快適仕様になっておりません!!



   キャブレター車輌のキャブ調整ですが 空燃比計の理想空燃比 「 14,7 」 に 執着しては行けません!!


   キャブレター車輌は 燃料を濃くする事で様々な場所を冷やす効果があります


   現行車輌の様に 燃料を出来るだけ薄くしたいのであれば スポーツインジェクション + サブコンしかありません


   が レーシングカーでも 以外に燃料は濃いいのですよ!!


   間違ったキャブ調整を行うと 到底 快適仕様にはなりませんので ご注意下さい


   2019,11,16 現在 内燃機エンジンで 空燃比が 超リーン状態で完成出来ているのは


   MAZDA-Xエンジン のみの様です



HOME