◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   サクション側のチャージバルブ付きフィッティングがフレアーだった???


   AG創業者は ニチリンホース専用フィッティングのフレアーを購入している記憶が御座いません


   何故なら ホース等を購入させて頂いているメーカー様には販売されていないため!!


   朝一番で ZEALより画像が届き連絡もありました


   新規に製作するにはコスト的に高額になるため ミスのフィッティングがカシメてあるホースを再利用して


   フィツティングをカシメ直す事に致しました


   長さが現状より 6cm(60mm) 短くなりますが 問題無いと言う事を確認致しました

           






   アクセルワイヤー自体の構造不良


   第二次世界大戦以降 ビートルは製造されて また部品も製造されてきておりますね!!


   自動車メーカー(フォルクスワーゲン社)が 正しくアクセルワイヤーを何故製造しなかったのか???


   疑問です


   また アウターメーカーが現在もアクセルワイヤーを製造し販売しておりますが ダメですよ!!


   今後 ビートルのアクセルワイヤーについては 360日案件として AGで検討の予定です


   自社用として!!

           

           

   この様な部品の精度の物を使っている車輌に 「 乗る 」  と 言う事を 


   オーナー様ご自身が事前に理解をしておく事が重要になります


   また コマ目に部品の劣化破損の点検を行うようにして下さい



HOME