◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   AG仕様 R134a室内ダクトタイプユニット

           

   上記画像の様に木で高さなどの調整を行い仮組の位置調整を致します


   出来るだけ高い位置に そして 出来るだけ足先に・・・・・・

           

           

   確定固定を行う前にZEALから電話とメールが届き確認作業を行いました

           

   予定よりも高い位置に固定出来て 尚且つ 足元のつま先のクリアランスも確保出来ました


   この時点で判断出来る事があります


   高性能AG仕様のダクトタイプ吊り下げ式ユニットが ギリギリにしか取付出来ないと言う事は・・・・・・


   元々 車輌に付いていたであろう ユニットとブロアーモター 膨張弁では 冷房能力はかなり低いと言う事です-小さい


   ビートルでも ZEALが製作した室内ユニットのCOPYが販売されておりますが 全てが・・・・・・ ですからね?


   COPY風は出来ても構造や能力までCOPYは出来ないのです!!





   コンデンサー固定の準備


   バンパー固定用のLアングルがありましたので その場所に左右タテにZEALが固定用のステーを取付致しました

           

           

           

           

   コンデンサーの外周を囲む様に製作したアングルは黒色に塗装を致しました


   対策も施工しましたが 見て判断が出来る方 現時点でいらっしゃいますか?



HOME