◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   車輌設計上の不具合を見つける!!

              

   アクセルワイヤーの角度の不具合


   どの様な車輌でもアクセルワイヤーと言うのは 水平平行の位置に居なければなりません!!


   上記画像の赤色のラインがPORSCHE356SS-Rのアクセルワイヤーの角度です


   因みにZEALのビートルも同じ角度の様です


   ワイヤーが斜め右後ろに突き出すのであれば CSPのポール状の部品から2個ツバの様なパーツが出ており


   そこにワイヤーの末端がボルトで固定されますが このボルト固定の位置が目測で 10mm上の位置ならば


   不具合が出にくいと考えられます / 紫色の斜めライン


   紫のラインの水平線が理想のワイヤーの位置です


   もう一つの不具合は ワイヤーが斜めになっている事で ワイヤー側から湿気などの水分がアウターチューブの中に


   入る事でワイヤーがサビなどにより破損などを起こします


   第二次世界大戦当時のMISS設計を 今も尚 使い続けている人間に問題がありますね!!





   アイドルアップアクチュエーター PUSH

           

   ZEAL製作 ACコンプレッサーブラケット / エンジンセンター置きタイプ


   コンプレッサーブラケットにアイドルUPアクチュエーター押し式を抱き合わせて固定

           

   アクセルリンケージを押す構造の部品が必要になります

           

   オーナー様のご要望もありスペースがあるためコンプレッサーブラケットはセンター置きタイプとなりました


   事前に左置き様も製作完成済みです


   アイドルUPアクチュエーターは センター置きタイプに抱き合わせしております


   車輌により左置きもしくは 現在 間違った固定方法の左置きタイプが取付されている車輌においては


   個別にお問い合わせ頂けましたら アイドルUPアクチュエーター押し式が使える様に試作品が完成して


   おりますのでご相談下さい


   ただし キャブレターは カドロンSOLEX限定で製作しております


   WEBERなどに付きましては 現物のSTOCKが御座いませんの採寸出来ておりません





   アイドルアップをどの様に動作させたいのか?  /  for FLAT4エンジン

              

   各自動車メーカー様は キャブレター車輌の時代のアイドルアップはアクセルリンケージを二次的に押すもしくは引いて


   エンジン回転数を上げる事でACコンプレッサーの負荷に対処する様に作っております


   FLAT4エンジンでは 今回は社外ツインキャブレター/カドロンSOLEXに変更しているため


   現状での対策を考えました


   アクセルワイヤーがどの様に接続されているのか?  その構造をAG創業者がZEALより説明を受けて解析!!


   縦長にポール状の部品がありますので この部品に何か良い部品を抱かせて 上部のアクセルワイヤーを固定している


   逆のパターンでポールを押せないか?  検討しました


   結果として ZEALが 流用出来る部品を購入し試作の取付を行い動作も問題ないと判断致しました


   次にアイドルUPアクチュエーター押し式のシャフトが伸び切った時に シャフトを受けるボルト形状の部品が


   必要になります


   プロトタイプでは ZEALが2種類のボルトで固定しましたが AG創業者のイメージと異なり却下


   画像の様に特殊なボルトを製作してイメージ通りにクリアーし動作も問題なくOK

           





   ソレノイドバルブの取付と接続

           

   ソレノイドバルブはクーリングファンシェラウドに固定 / キャブレター専用 ソレノイドバルブ 日本製

           

           

   負圧はインテークマニホールドに元々開いていてネジになっている箇所にL時のニップルを固定し利用します





   車輌側についていたスイッチのツマミの再利用

           

   アンダーダッシュ部分に付いているレプリカ用スイッチのツマミの再利用

           

   スイッチ本体はユニクラ製吊り下げ式で使用されている部品となります


   AG創業者仕様で日本製に変更して頂いております

           

   ツマミの裏側のスイッチ本体から出ているシャフトの半月形状は 概ね国際規格ですので


   車輌側のツマミがそのまま取付し再利用する事が出来ました





   コンデンサー固定前のイメージ

           

   ビートル用の汎用コンデンサー固定用ブラケットが使用出来ませんでした


   上記の様にZEALが木型を製作し 固定用ブラケットを製作後 コンデンサーを固定致します



HOME