◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   納車が近づいて来ました


   天候次第ですが 殆ど毎日 ZEALが  「 慣らし運転 」  を 行っております


   現時点で 800kmオーバー / 
燃費 8km/L後半-9kmL前半 慣らし運転での燃費





   エンジン チンプレート


   オイルエレメントを後付で取付する場合 チンプレートを加工しなければならない様です


   出来るだけ綺麗に取付したいため ZEALが購入していた 純正中古品を使用する事に致しました

           

           

   「 慣らし運転 」 の 前半は チンプレートを取付しない状態で行っておりました


   その際に分かった事は チンプレートが無い状態では 高速道からおりた時の油温が 90度オーバーになりました


   その後 チンプレートを取付した時の 同じ状況では 何と 油温が20-25度も下がりました


   見た目は 単純な板状の部品なのですが 効果があるのだと言う事ですね

           





   オイルエレメント


   AGでは MAHLE製は信頼していないため 日本製のオイルエレメントを使用しております

           





   ワンオフ オイルキャッチタンク

           

   ベルトセンターを 正しい位置に出来るだけ出したいため AGでは ベルトの種類も変更しております


   プーリーなどの実測では AG仕様の方が正しいと考えられます





   リレー & フューズ類に ステッカー貼り付け

           

   世界に一台だけの ONLY-ONE


   PORSCHE356SS-R / インターメカニカ 電装系 完成


   現時点で 最適と思える最高の ワイヤリングハーネスを製作致しました / ZEAL施工

           

           





   消火器を 再度 取付致しました

           

   万が一 事故などの被害にあった場合の対処として 一度 取り外した消火器を取付致しました





   オーナー様からの取付依頼

           





   納車までカウントダウントが始まりました



   エンジンオイルの種類は 最終的に 「 3種類 」 を 使用致します


   慣らし運転が完了後 最終的に決めているオイルに変更します / AG指定オイル


   封印として 「 123TUNE 」 プログラム上において エンジン回転数3,500rpmをレブと致しました


   現状の慣らし運転においても 実際に高速巡行では エンジン回転数3,500rpmで十分であると思います



   納車前に 2種類目として使用しているエンジンオイルに交換します / エレメント類も 都度 交換!!



   エンジンブローと言うトラブルに見舞われ 納車が3ケ月も遅延してしまい 大変申し訳無く思っております


   ZEALが 個人的にエンジン費用として  「 100万円 」  自己負担で支払っております


   その中の  「 50万円 」  ボッたくられた工賃です / 遺憾!!



   内燃機加工で施工した内容が 事の他 良い結果が出ました


   ビートルFLAT4エンジン まだまだ 伸びしろがある!! と言う事も分かりました


   納車まで しばし お待ちください





   認証整備工場での調整内容 / 継続検査受験のための事前検査 テスター


   1 ライトの光軸調整 / HID から LED に 変更したため


   2 サイドスリップの確認


   3 排気ガスの確認 / 昭和53年度規制に基づく

     基準値に適合 
CO-4,5%以下 HC-1,200ppm以下

     
微調整等は 一切 行わず基準値以内と言う 素晴らしい数値でした / 濃いめではありますが・・・・・・


   4 ブレーキオイル 交換



HOME