◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   左側のドアロックASSY


           

   右側は 以前 掲載した様に簡易的に補修修理済みです


   左側は ZEALが サービスで分解し クリーニングを行い組み戻し致しました





   ウィンカー / フラッシャー


           

   上下画像


   元々の状態


   至る個所の配線が やっつけ&追っ付 となっております

           

           

           


   上記画像 2枚


   当然きちんと補修致しました





   カドロンSOLEX 取付


           

   上記画像


   ZEALが 違和感を感じたとの事で 打ち合わせを致しました


   第二次世界大戦前に製造された ビートルの仕組みが世界的に正しいと思っている事は間違いです


   クランクプーリーに シムを前後に入れてベルトを張る? ことは 自動車工学上 大間違いなのです / オルタネーターも同様


   今後 テンショナープーリーの取付を検討し 製作する方向と致します





   123TUNE


           

   上下画像


   AG創業者が 123イグニッションを使い始めた当初のデスビのボディーと


   ある時期からの デスビのボディーの品質に違いが出ておりました


   こまめに 各部品を掃除する方には必要が無いと思いますが


   AG創業者は 予めデスビのボディーにクリアー塗装を施工する様にしております


   デスビボディーのメッキの保護になります

           

           

   上記画像


   123TUNEをエンジンに取付を致しました



HOME