◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   オーナー様がリペアーしたガソリンタンクが到着


   塗装をしたとの事でしたが 耐熱塗装はガソリンにはNG / シルバー


   事前にご連絡下さい!!


           

           

   ZEALが塗装された耐熱塗料を剥がして 塗り直しました


   このタイプの燃料タンクはフードの中にあるため 給油中にガソリンがタンクに垂れると塗料が剥がれ落ちます





   プラグ交換


   AGの点火系を使用する場合は プラグは必ず  < NGK >  を 使用して下さい


           

   123TUNE / プラグコード / 閉磁式コイル


   これら全て NGK で マッチングさせております





   メーターバルブのLED化


           

   ソケットをLED専用を購入し メーターに固定出来る様に致します





   意味不明なブロアーユニット??? / 撤去


           

   オリジナルPORSCHE356でも ビートルでも 足元の左右からヒーターが出る構造です


   この レプリカを製造したメーカーの方は 何を考えてこの様な 構造不良の物を製作して取付したのでしょうか?


   通常 フロントガラスが曇った場合 その曇りを取る為には 暖かい空気を吹き付けても曇りは取れません


   ガラスの曇りを取るためには  < 冷気 >  を 吹き付けなければ取れません!!


   2019年 AGパッケージ改特注仕様で 後付クーラーの取付を行います


   その際に ZEALでクーラーの冷気をデフロスターからも出せる様に施工する予定でおります


   不必要な部品は撤去!!





   重要事項!!


   この車輌と同じレプリカをお持ちのオーナー様へ!!


   ブロアーモーターユニットの真上に ワイパーモーターがあるそうです


   このブロアーモーターが付いている事により ワイパーモーターが破損した場合 修理するためへのアクセスが出来ません


   お気を付け下さい





   ステアリングコラム分解


   配線を整理するにあたり ステアリンコラムまでZEALが分解致しました / 夜間作業!!


           

   上記画像 / 不具合発見


   上記画像の赤四角の個所を見て下さい


   意味が理解出来ませんが?  黒色のガムテームの様な物が大量に巻かれておりました???

           

   上記画像 / コラムカバー 分解


   カバー内側の両側に縦に  < 溝 >  が ありますが 破損しておりました

           

   上記画像


   両側縦の溝には 上記画像の様に半月状の部品が入るような構造の様です?


   ウィンカー部分/ターンシグナル は 洗浄し潤滑剤を散布致しました


   最終的に不具合が出た場合 新品に交換致します


   黒色のガムテープも取り外し コラムカバーに隙間のある個所には スポンジも貼り付けました


   固定をすると ガタ付きもなく 無事に取付が出来ました!!

                   

           

   ZEALによる 細かで 繊細な作業は まだまだ続きます!!



HOME