◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   メーター類の取り外し


   スピードメーターの位置を変更する予定でおりましたが・・・・・・


   スピードメーターケーブルの長さが足りず 断念致しました


   メーター類を取り外して見ると 見えなかった個所が見えてきました


           

   上記画像


   画像の通りのレイアウトのままと致します

           

   上下画像


   メーターを取り外すには 上下画像の物を外さなければなりませんでした

           

           

           

   上記画像


   見えにくいとは思いますが この車輌を製作したメーカーのアバウト差が よ・・・く 分かります


   ヒーター用のダクトを足元に出すのではなく 100%意味のない デフロスターに出すように複雑な取り回しをしていました


   AG創業者の考えで 全て撤去致します

           

   上記画像 / これは何なのでしょう・・・・・・


   この部品は 送風機? の様でした


   ヒーターダクトが この送風機に一旦入り デフロスターに出す構造 / 無意味





   足元のヒーターの吹き出し口の確認


           

   上記画像 / ZEALの車輌の確認

           

   上記画像 / レプリカ


   オーナー様は 足元にヒーターの吹き出し口がある物だと思っていたようですが・・・・・・


   元々 吹き出し口はありませんでした

           

   シフトレバー付近に ヒーターのフラップを開け閉めするレバーは付いていました


   車輛下側には ワイヤーも繋がれておりましたが 古いため新品に交換します


   エンジン側には フラップも付いておりましたので 足元に出口を付ければ 暖かくなる事まで確認しました


   ついでなので ヒートエクスチェンジャーにも 対策を施工しておきます


   吹き出し口ですが USAもしくはEUROで探して購入すれば良いのですが?


   コストがかなりかかりますので AG製品を流用して使います


   コストを払うのであれば 工賃に充当して頂くためです

           





   オイルを抜きました


           





   永井電子社様 製品 / 閉磁式コイル


           





   プラグが・・・・・・


           

   上記画像


   画像 左側が車輌に付いていたプラグ  /  画像 右側が事前に用意していた新品


   このレプリカのシリンダーヘッドは CBパフォーマンスと言うメーカーが製造した物でした


   そのため プラグホールの穴の径とプラグの突き出し量が 違っておりました



HOME