◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   間違い探しのための 部品の取り外しや検証!!





   マフラーの取り外し


   PLX空燃比系の取付をするためにマフラーを取り外しました


           

           

           

   オーナー様のご要望で 上記のカツオブシの穴に接続できるマフラーを持ち込んで頂いておりましたが


   創業者の判断で 却下させて頂きました  理由は書きません!


   バンパー2ケ所に 通称 < カツオブシ > が 付いております


   その下側の穴から この車輌のオリジナルは 排気が出る様に製作されているようです


   しかし この構造自体に問題があるため 相対的に却下させて頂きました

           

   カツオブシの裏側です


   上記画像の様に まぁ・・・・・・・ 酷い施工処理がなされておりました


   ZEALが この 
シーラー+FRP樹脂 個所を壊さない様に取り外すのに相当 苦労したそうです


   この車輌を 製造したメーカーの いい加減さでしょうねぇ!!

           

   シーラーで固定されていた ジョイント部分のメガホン形状の部品も 画像の様に分解出来ました

           

   上記画像 取り外したマフラーですが・・・・・・


   物自体はステンレスなのですが?


   創業者が画像を確認すると 溶接個所が < 鉄> の様に見えました


   そこで ZEALが磁石を当てて見ると???


   磁石が くっつきました?


   不明です





   インストルメンタル パネル / メーター

           

   メーターの照明をLEDに変更します


   色々とWEBを検索していると 本物のPORSCHEのメーターレイアウトと レプリカでは違う見たいです


   最終的に PORSCHEタイプに移動させる事に致しました





   スターター系について!!



   旧車全般のスターター系の回路には 全てに不具合があります


   説明は致しません!!


   理由は 各々 自動車屋が解析して下さい


   答えだけを与えても 理解出来ない方々が殆どなので!!


   この車輌のオーナー様には 許諾を頂きましたので 極秘で対策施工をしておきます





           

   上記画像のフェイクも 取り外しの許諾を頂きましたので 撤去致します





   AG仕様 点火系


           

           

           

   東名パワード社様 PLX





   あぁ・・・・・・・・・・・ 大変 大変!!


   販売価格が かなり高額な車輌なのにねぇ!!



HOME