◇レノバティオ-Labo◇                                               


   ポルシェ356スピードスター / レプリカ


   AG仕様での修理対策






   間違い探しのための 部品の取り外しや検証!!





           

   上記画像


   ポルシェ風? に したかったのでしょうか?


   オイルフィルターがついていません!!

           

   上記画像


   油圧関連のアダプターに接続されている 銅パイプを取り外しすると・・・・・・


   銅パイプの先端が塞がれておりました  


   こんな事をして 何の特があるのでしょうか?!  →  ファッション???

           

   上記画像


   油温が気になる事は理解致しますが?!


   オイルクーラーを鉄板で塞いで フレッシューエアーが当たらない様に加工するのは 大間違いです


   この様な施工をコンデンサーにも行う人達がおりますが 大間違い


   ある意味 意味が無い部品の取付方法です





   特に ビートル系の部品で破損が多い個所の様ですので 事前に対策を施工致します


           

   ビートルでの名称は 創業者には分かりませんが?!


   通常は オルタネーター / ダイナモ ですね?!


   上記画像の黒く四角い部品の破損率が高い様です


   ZEALでも 新品購入後 破損しております

           

   上記画像


   対策として オルタネーターのボディーの外側に 移設して取付する事で 破損しても簡単に部品の


   交換が出来る様に致します

           





   点火系


           

   上記画像


   創業者が最も嫌う部品 マルチスパークです


   USAでゼロヨンをやっている方々には 必要なのかも知れませんが?!


   創業者には マルチスパークを取付する意味が 理解出来ません と言うより必要ありません!!


   数十年前より F1等のレーシングカーでは 火花を強くするのでは無く 火花のバランスを取る方法を行っております


   < 点火を間引く >


   4気筒であれば 4気筒それぞれに対して 1気筒 1気筒に流れている電気のバランスを取る事を行っております


   それが可能なのが 123イグニッションなのです!!



   マルチスパークによる人体への悪影響について!!


   特に画像のUSA製品からは 強力な < マイクロ波 >  が 出ています


   創業者は そのマイクロ波に とても敏感なので 恐ろしくたまりません!!


   10分以上 マイクロ波を浴びると 細胞が劣化し 最終的には < ガン > に なります


   お気を付け下さい!!

           

   上記画像


   今回 BOSCHの点火系とマルチスパークを取り外す前に 点火時期の確認を致しました


   アイドリング 800rpm時 / 20度


   最大進角時 46度


   通常 ポイントデスビでは この様な点火時期にはなりません!!


   創業者の空想ですが マルチスパークの強制的な爆発により 様々なトラブルが発生したのではないか・・・・・・


   上記画像のポイントの接点のギャップも 広かったです???


   エンジン内部の打音も 異音状態でしたので 最低限度 タペット調整までは行います

           

   上記画像


   燃料系の変更を行います


   燃料パイプは8mm銅パイプで引き直します


   燃料フィルターは 日産用を使用します


   燃料ポンプは 上記画像のKNW社製ミツバ仕様を使いますが 


   当社では使用する前に燃料パイプは一度 分解致します


   上記画像の様にパイプを変更し ネジ部分には漏れ止めの接着剤系で補強致します



HOME