◇ハンドメイド ラジエーター◇                                               



   
当社AGの真鍮改造ラジエーターは 世界最高品質で製作しております



   AG創業者FUは 外車卸業時代より ラジエーター職人様に 修理/改造等を依頼して参りました


   しかし 1989年頃に依頼した際に品質の低下があり ラジエーターの修理から撤退致しました


   2000年頃 旧車のラジエーターの修理改造を依頼させて頂いた職人様の品質が高い事が分かり


   その後 お一人の職人様にラジエーターを依頼させて頂く事になりました


   当社の真鍮ラジエーターは  < 改造ラジエーター > と言う 部類に属します


   改造ラジエーターを 完璧に 製作 / 修理 出来る職人様は お一人のみです!!


   部材メーカー様との厚い信頼があるため 特殊な部材の入手が可能になります


   その上で 手間ひま と ノウハウを注ぎ込んで完成するのが 当社がご提供する


   
< 改造ラジエーター > となります


   ラジエーター製造メーカー様は コストが高くなるため 上記 改造ラジエーターの製作は行います


   ラジエーター職人様が リタイヤ もしくは AG創業者FUが リタイヤした場合には


   
真鍮改造ラジエーターの修理/改造は出来なくなります


   事前にご了承願います





   ラジエーターの説明



   多くの方々の認識として < 費用が高いから >  < ラジエーターは付いていれば良い >  


   < 中古でも良い >  などなど・・・・・・・・・・・・・


   煩雑に扱われ 何よりも後回しにされているのが ラジエーターと言う部品では無いでしょうか?!


   現行車と旧車では ラジエーターの性質も異なります


   現在では 旧車の温度管理に最も最適とされる  < 真鍮ラジエーター > を 手作業できちんと


   製作または修理改造が出来る職人様は 日本全国に殆どおりません!!


   当社の職人様が 同じように施工する様に伝授しても利益を優先し きちんとした作業は行いません


   また ユーザーの方々は それぞれ行き付けのショップ様に全てを任せているため


   ラジエーターに付いての正しい情報も ご存知無いのが現状ではないでしょうか?



   コアを < 真鍮2層から3層に交換した?! >  と 良く効きますが?!


   その 真鍮コアの性質と性能 そして品質について ご存知なのでしょうか?


   
日本全国のラジエーター屋に修理等に出せば 何でも同じでは無いか?


   この様な 文言を当社AGでは 実際に聞いていますが 
それは大きな間違いです


   90%近くの町場のラジエーター屋では 日本企業様のインドネシア工場製の品質の悪い真鍮コアしか


   入手出来ません / ラジーエーター + ヒーター


   品質については 様々に問題があるため ここでは記載を控えさせて頂きます


   では 当社AG特注スペシャル品の真鍮コアと何が違うのか?


   それは 全てが異なります


   当社AG特注スペシャル真鍮コアは 日本国内で職人様が手作業で水管1本1本 フィン1ケ所1ケ所を


   当社AG独自の仕様で製作して頂いていると言う 全てが次元の違う製品なのです


   
コア目 / コア幅 / フィンピッチ / 全てが当社AGにおいて行った実証実験に基づいた


   データーで製作して頂いているためです


   部材メーカー様 自体 当社AG製のスペシャル真鍮コアを通常は 製造販売致しません


   品質の悪い商品の方が ラジエーターが破損する事でお金が循環する 仕組みなのです


   当社の真鍮ラジエーターは 最高級品の 
< 銀ロウメッキ >  < 半田 >  < フラックス >


   これらを 惜しみなく使用し対策を行い組み上げております


   ラジエーターは 何よりも重要な部品となりますので 真剣にお考え頂きたい部品なのです





   新品ラジエーター取付上の注意点!! / 重要


   ラジエーターを取り外してから行う重要な作業があります


   それは 
< 水路 / ウォーターライン > の 洗浄です


   スラッジ や 汚れ サビ などが 水路全てに残留しております


   その様な状態で 新品ラジエーターの取付を行うと 何が起きるのか?


          


   コア内部の水管に 経年劣化したスラッジなどが付着してしまい 破損致します


   上記画像 / 参考まで


   水路の洗浄は オーナー様の主治医のショップ様に必ず依頼をして下さい


   基本的に水路の洗浄を行わなければならないと言う 理論を知らないメカニックが多数となります


   出来ましたら エンジンブロック側のドレンボルトを外して水路の洗浄を徹底的に行って頂く事が


   何よりも安心安全な方法です


   また ヒーター内部の洗浄まで行って下さい


   特に旧車の場合は 必ず腐っております





   同時に点検して頂いたい上で 交換して頂きたい部品があります / 消耗品


   
< ウォーターポンプ >  < サーモスタット >  < クーリングファン >  < カップリング >


   
< 上下ホース >  < ホースバンド >


   これらは 完璧な消耗品です / ヒーター循環系統も同時に交換して下さい





ラジエーターのエアー抜きの注意事項と対策  2017.7.30UP
 旧車のオイルクーラーは取り外せ!! 2017.11.11UP
 真鍮三層 特注製作 / 新品 & 中古下取り製作
日産フェレディーS30 / 初期型・前期型 / S31 2019.31.4UP 
日産フェレディーZ432 / SPL真鍮三層 / S20 
 日産LYクロスフローエンジン用 / 大森OP改 真鍮三層SPL 受注¥150,000円(税別~)
日産スカイライン / ハコスカ GC10-G15 / ケンメリ GC110 / C130 ローレル / 2019.1.4UP
 ハコスカ S20 GT-R & L6 SPL / 製作予定
日産サニー / サニートラック GB122 / クーペ & セダン 2017.8.4UP
 日産サニー / B110用 / 大森オプション改 真鍮三層SPL 2018.11.21UP
 日産フェアレディーSR311 / 画像掲載していませんが改造しています
日産スカイライン / 32GT-R / 33GT-R / 34GT-R  2018.11.21UP
 日産シルビア / S14 / S15
 アルミ ラジエーター / Z432
日産フェアレディー Z432 / S20 
 
真鍮ヒーター / 特注真鍮コア / 修理 / 改造
GC10 ハコスカ / GC110 ケンメリ  2019.2.14UP 
S30 フェアレディーZ /  
ダットラ 510 / 
トヨタ  /  AE86  真鍮ヒーター 特注品  2018.12.17UP 
クラシックMINIクーパー / ローバーミニ  2018.5.5UP 
 
 復刻 最高品質 真鍮三層コア / 日本メイド-職人仕上 2016.2.11
最高品質 真鍮三層コア 復刻完成  2016.2.11
外   車 / 真鍮三層
クラシック ミニ クーパー / ローバーミニ  2018.10.3UP 
メルセデス ベンツ / BMW  2017.8.14UP 
 シトロエン / CX   2017.8.14UP 
 アルファロメオ / 2018.11.20UP
 輸入車で水温管理にお困りのお客様
ご相談下さい / 真鍮コアは当社オリジナル特注品 
 TOYOTA / 真鍮スペシャル
 AE86 / FA20-86 /  2018.11.21UP
 クラウン / MS50-MS51 / 2018.11.21UP
MITSUBISHI / 三菱
 デボネア / A33 / ALL新品 / 2019.3.25
 HONDA / 対策品 / 真鍮スペシャル
GK1 / RF3 / EK9  2019.6.17UP 
 SUZUKI / 対策品 / 真鍮スペシャル
 カプチーノEA11R  2017.4.23UP
日野 / HINO 
コンテッサ / 修理及び特注コア製作 2018.11.21UP  
自動車メーカー様からのご依頼はこちらよりメール願います 





   ラジエーター液は 旧車の場合  
< 1年毎に交換 >  する事が好ましいです


   1年毎にきちんとラジエーター液を交換した車輌と 1度も交換していない車輌では ウォーターポンプの羽の


   汚さ + 破損 が 全く異なります


   車輌本体の価格に 関係ありません


   ラジエーターを交換する場合には 周辺の部品点検もしくは部品の交換を行なって下さい



   ラジエーターへの添加剤は 絶対に使用しないで下さい!!


   上記の様なウォーターラインの洗浄や部品の交換をきちんと行えば問題ありません



   添加剤などで  < 誤魔化そう >  とすることは 絶対にしないで下さい



   ラジエーター内部に注入する添加剤などがありますが きちんと上記工程を行っていれば 添加剤を入れる


   必要性がありません



   また ラジエーター本体の性能が 高い物であれば添加剤に頼る / 誤魔化そうとする必要性は無いのです


   当社は ラジエーター液への  < チューニング > も 行っております



   スワールポット / キャビテーション・・・・・・



   その原理自体を研究しており ラジエーター液チューニングを行うことで 添加剤などが無意味で


   悪影響を及ぼすという事も 当社開発データーで明らかにしております


   余計な事はしないで 日々の日常点検を行い 人間同様にコマ目に点検をして部品の交換をして上げて下さい  


   壊れるまで 使い続ければ人間が製造した物は 当たり前に壊れます


          

   当社 指定クーラント / 
FUCHSフックス FRICOFIN V  1本 ¥2,500(税別)/1L


   希釈率 水1Lに対して FUCHS 35%-50%


   金属に対して 攻撃性の少ないクーラントを選んでおります / もしくは TOTAL





   ラジエーターの取付方法と対策について / 重要事項


   ご年配のメカニックの方々 概ね ご存じの内容となりますが 施工をしているかについては別の案件です


   特に 最近は 施工をされておりませんので 以下の内容に従って下さい


   下記に掲載のスプンジを 正しく貼り付け後 ラジエーターの取付を行って下さい


   ラジエーターの前後 / ファンシェラウドがラジエーターに設置する面 / コンデンサーの前後


   全ての  < 隙間 >  を 埋める様にスポンジを張り付けする事が重要です


   スポンジを張り付けする事で 全面からの風を効率良く  < コンデンサー と ラジエーター >  に


   当てる事により 安定感が激変致します


   水温は最大で  < -5度 >  程度 下がります


          

   ラジエーター専用スポンジ  A / 幅  -  B / 高さ


   ①/A-9mm/B-20mm  ②/A-19mm/B-25mm ③A-15mm/B-30mm

   ④/A-15mm-B/35mm ⑤/A-30mm/B-30mm ⑥A-45mm/B-4mm


   ラジエーターの修理 もしくは オーバーホール後 または 新品交換後の取付時に


   必要になるスポンジの数値番号をご連絡下さい


   上記スポンジは汎用品ではなく専用品のため単品で販売は行っておりません





   ラジーエーターキャップの圧力数値について


   ラジエーターキャップの圧力数値は 車輌設計時に決められておりますが


   まれに 間違って高い圧力数値のキャップが付いている場合があります


   
現行車輌の場合 でも キャップの圧力数値  < 1,3 > が 付いてる場合は 適正ではありません


   水漏れやラジエーターの破損などが起きる時は  
< 1,1 もしくは 1,2 > の キャップに


   変更してください


   旧車の場合は
 < 0,9 > が 適正数値となりますので 高い圧力数値のキャップは


   取付しないでください





   最高級品 ラジエーターキャップ / ドレンプラグ


         

         

         


   キャップとドレンプラグは 消耗品です


   クーラント交換時 もしくは 1-2年毎に 必ず新品に交換して下さい


   当社AGでは 1年毎にクーラントとキャップ+ドレンプラグを新品に交換しております


   最高級品 / ラジエーターキャップ + ドレンプラグ SET


   上代 ¥3,000円(税別) / 
WEB価格 ¥2,300円(税別)


   
圧力数値 / 0,5 / 0,9 / 1,1 / 1,2


   旧車用 現行車用 ご用意しております





   汎用リザーバータンク

         

   
価格 ¥4,000円(税別) ~ / 付属品 ホース + 固定ステーボルト / 要在庫確認


   業販価格 設定なし


   リザーバータンクが付いていない旧車には 必ず 汎用のリザーバータンクの取付を行って下さい


   ラジエーターは  < 呼吸 >  しております / クーラントは動いております


   リザーバータンクが無い場合は ラジエーター液が車外に垂れ流しされているため 破損の原因にもなります





   ワイヤー式ホースバンド

         

   ラジエーターホース用 / ワイヤー式ホースバンド


   旧車の場合には ワイヤーホースバンドを使用して下さい


   圧力がかかりホースが抜けそうになった場合では ワイヤー式ホースバンドは ビートに引っ掛かり完全には抜けません

         

   価  格


   燃料ホース用 #16 / ¥100円(税別) / 1pc / 通称ホースサイズ8mm用 12-16φ

   ヒーター循環ホース用 #23 / ¥100円(税別) / 1pc

   純正ラジエーターホース用 #42 / 日産旧車 / ¥130円(税別) / 1pc

   亀有社製 復刻ラジエーターホース用 #44 / ¥150(税別) / 1pc 当社推奨数値

   亀有社製 復刻ラジエーターホース用 #45 / ¥150(税別) / 1pc 亀有社様 推奨数値


   当社の仕入れ先は メーカー様直となります





   真鍮三層コアの品質の違いなどについて


   世の中の皆様方 100%


   2層から3層に張り替え済みですので大丈夫です!! と おっしゃいます


   大丈夫だとおっしゃっている  < 真鍮コア >  について ラジエーター屋から説明を受けておりますか?


   日本国内のどのメーカー様に依頼をしても 全てが同じ規格と同じ品質だと思っておりませんか?


   当社と同じ品質の真鍮コアの製造入手は 出来ないのです


   理由


   製造メーカー様は 今更 自分達が推奨してきた真鍮コアが  < 間違ってました!! > と


   到底 訂正を公表出来ません


   その間違いとは・・・・・・   < 何々 ピッチ >


   それぞれの自動車メーカー様でさえ ラジエーターの研究開発は 行っていないのです


   全てをラジエーター製造メーカー様に 丸投げしており 提供されたラジエーターを信用して


   新車に取り付けいるに過ぎません


   当社の真鍮ラジエーターは 当社独自で過酷なロードテストを行い オリジナルの数値で製作して頂いております


   また 職人様が部材を組み立てる際には


   最高級品 / 銀ロウメッキ / 半田


   これらを 惜しみなく使用しコストをかけて 丁寧に手作業で作り上げております



   当社と同じ最高品質の真鍮ラジエーターは 99% 他所での購入は出来ません


   参考まで



HOME